モチベーションの自家発電

結局モチベーションを自家発電出来てなければ、

他人だったり、環境だったり、何か駄目な理由を探して諦めてしまう。

 

きっと最初からそうしようとしてたんだろ。

借り物のモチベーションなんだよ。

 

 

それ思われるのが嫌なら、どうあれアウトプットを出すしかない。

偉そうにしない

何はともあれ偉そうにしない。

 

・一般的でない言葉、言い回しは使わない

・特に霞での所作には十分に気をつける(言葉遣い、仕草、姿勢)

・確認作業中は食べない、飲まない、扇がない

・特に基盤側は全て自分の責任として捉える(パッチ、手順書)

・顧客、F、FS、Tに迷惑をかけるような事はしない。

・自社のイメージを下げない。

 

これ位は最低限やらんと。

広告を非表示にする

自分の人生に真剣でない2

その何よりの証拠に、

 

・悪いところ(糖尿、虫歯)があっても病院に行かない

  ⇒特に糖尿なんて手足を失い、命にも影響する様な病気なのに、

   健康診断の結果を何年も放置し、結果通院して医者に怒られる始末。

 

・結婚相手も適当

  ⇒巨乳好きと公言していたにも関わらず全然選択していない。

   結果セックスレスになり、危うく訴えられそうになる。

 

・仕事への取り組み

  ⇒約束、責任感、成果物の品質など、レベルが低い。

   一番スペック低いし、仕事も任されないほうが世のため人のため。

 

 

これでいいかと聞かれれば嫌だけど、なかなか染み付いた性根は抜けない。

自分の人生に真剣でない

よく言われる言葉。

 

真剣でないから、

優先順位がおかしい(刹那的に楽な事ばかり

よく考えずに行動する(計画性が無い。先を見据えていない

責任感が無く他人のせいにする(他人のせいにしておけば楽

約束を守らない(しんどい時には放り投げる

 

こんな人間は何も手に出来ない。

失うばかり。

 

悪気は無い

「悪気はなかった」という言葉ほどたちの悪い言葉はない。 - 笑い多き人生を送るブログ

 

問題を起こす、人を傷つける、仕事でミスする。

これに対するいい訳というか、当人の弁明が「悪気はなかった」

というのは良くあるパターンだと思います。

 

悪気が無かったから許してくれよ

そんなつもりは無かったんだよ

 

確かに何か問題を起こそうと思ってした行為

誰かを傷つけようと発した言葉

チームを陥れようとして作成した成果物

 

これらは目に見えて悪い事だと思います。

 

 

しかし、その気がなかったら許されるんですかね?

そう単純な話ではありません。

最近このお題について考えたんですが、答えはNo。

悪気がある(わざと)場合は、自分をコントロールしてやっているので、

やめようと思えばやめることが出来る。

 

悪気が無い場合は、悪く無いと思ってやってるから直らない。繰り返す。

大人になると人はアウトプットでしか物事を見てくれなくなります。

特に仕事では。

 

 

そこでミスしといて「悪気はなかった」

その場は許してもらえるかもしれません。

でも次、同じような仕事は任せて貰えないでしょう。

だって繰り返しますと宣言した様なものなんだから。

 

 

正解は、

「悪気はなかった。でも確かに悪い結果を生んだ事は間違いないから、

繰り返さないように気をつけます。具体的には・・・・」

 

といった感じですかね。

そんなつもりじゃなかった、で許されるのは子供だけです。

 

 

 

広告を非表示にする

他人の不幸は。。。其の2

ショックだったので2回目。

チンパン、そうじに次ぐどうしても回避したい忌避すべき行動。

 

いわく、人間は本質的に他人の不幸を喜ぶそうな。

言われてみればワイドショーではゴシップネタオンリー。

何となくそう言われて安心した気になったけど、それって暇な主婦のする事だよね。

 

目的に向かって驀進する、責任を持った当事者はやっぱりそんな事はしないだろうし、

自分の本来の価値観的にはもの凄くダサい事だと感じるので、

どうしても直したいリストに追加する事になりました。

 

まずは人の話を真剣に聞き、会話のトーンを見定めるところからです。

【バスケ】レブロン・ジェームズ

自分がNBAを長い事見ていなかった間、

バスケットボール界の王はこの人になったらしい。

 

f:id:masahito0107:20170817001417j:plain

 

「KING」ことレブロン・ジェームズです。

このいかついタトゥー入りの体から生まれるパワフルなプレー。

まさに桁違いのパワー。

いくつか動画を見ましたが、ディフェンダーを引き摺ってファールを貰いながらシュートを決めるシーンがいくつもあり、戦車かよ、、という感想。

ボールがゆがむ勢いでダンクしてました。

キャバリアーズ所属。

相棒はあのおじいちゃんに変装してストリートバスケで相手をボッコボコにする、

でお馴染みのカイリー・アービング

 

NBAチャンピオン3回、シーズンMVP4回、ファイナルMVP3回、オールスターMVP2回。

このタイトルだけ見ても化け物間違いなし。

次回は経歴を追ってみたいと思います。

 

というかもう結構スポーツ選手としてはいい年齢。