読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相手の立場で考える

客観性に欠ける事は分かった。 そこはある程度ルールを決める事で改善されると思う。 ・相手の意見に耳を傾ける ・自分に対するルールを決めて、日々チェックリストとして振り返る ・物事は可能な限り可視化する ・仮でも構わないからゴールを設定し、そこに…

真剣になれない病 其の2

何故「もや」がかかった状態なのか。 それは自分でも良く分からないというのが正直な意見。 良く「お前は何かに真剣に取り組んだ事があるのか」と聞かれるが、 思い返してみると、特に無い。 ・部活 ・受験 ・就職 ・仕事 部活も受験も、普通に周りがやって…

真剣になれない病

物事を正確に把握出来ない(客観性が無い)という事は、真剣で無いという事。 当人は「そんな事は無い。俺は真剣だ。」というだろうが、結果的には同じ事。 客観性が無いという事は思考に「もや」がかかっている様なもの。 狩りに例えるならば、辺りには霧が立…

自分と向き合う 其の3

連日の自身棚卸し作業。 「自分を特別」と思っている(勘違いしている)理由。 自己愛性人格障害もそうかもしれないが、 客観性が足りない。 自分に対する客観性、状況に対する客観性。 自己愛性人格障害だから客観性が足りないのか、 客観性が足りないから自…

自分と向き合う 其の2

昨日に引き続き駄目な自分と向き合う。 自分が「他人の意見に耳を傾けられない」人間だったのは分かった。 「耳を傾けないと、弱点が改善されない」事も分かった。 では何故「他人の意見に耳を傾けられない」自分になってしまったのか。 この本質を明らかに…

自分と向き合う

苦手だ。 駄目な自分を知る度に本当に嫌になる。 最近特に実感したのは 「他人の言う事に耳を傾けられない」 何か注意を受けても、 「そんな事は無い」 「お前にはそう見えるのかもな」 「知らないよ」 と取り合わない。 そんな人間にはそのうち誰も注意すら…

やる気に関する驚きの科学

先日友人に1本の動画を教えて貰った。 ダニエル・ピンク氏がTEDで語る「やる気に関する驚きの科学」というもの。 日々モチベーションの維持を考える自分にとって非常に興味深かったので考察。 ここに「ろうそくの問題」と呼ばれる有名な絵がある。 この絵を…

誰の為の仕事なんだ

またモチベーションを維持出来ない。 全くやる気が感じられないドキュメントを、やってる雰囲気を出すためだけにレビュー依頼しておき、当然のレビュー結果にモチベーションが折れる。 そもそも誰の為にやってんだ。この企画、この作業。 自分の為じゃないの…

今日だけがんばる

自分が面倒臭がりなのは自分が一番良く知っている。 ↓よくある行動パターン ・あぁ面倒臭ぇ ・疲れてるしちょっとビールでも飲むか ・明日からでいっかな ・何とかなるだろ ・もう時間も遅いし明日も朝早いし寝るか これの繰り返し。 自己啓発本に書いてある…