自分の振り返りは今日は延期。

Hostel宿泊記、第一弾。

東京Hikariゲストハウスに行って来ました。

 

こじんまりとした蔵前のHostel。入口はこんな感じ。

f:id:masahito0107:20170424003416j:plain

 

建物に入ると、受付は奥という看板が。

そのまま奥へ進むと、オーナーさんらしき人発見。

予約している旨伝え、基本的な説明を受ける。

 

大事な事項は3点との事

・共用部は24時間使ってよいが、23時以降は五月蝿くしない事

・部屋でペットボトル以外の飲食は禁止

・禁煙(喫煙しないので割愛されてよく分からなかった)

 

それ以外は、

・冷蔵庫に物を入れるときは名前を書く

・冷蔵庫内の日本酒はFree

・8時~11時以外でCOする時はカギを外からポストに入れる

・シャワーはいつでも使ってOK

・トイレは1F、2F共に男、女、共用の3つ

 

と簡単に設備とルールの説明を受けて部屋へ。

f:id:masahito0107:20170424004507j:plain

 

これぞHostelとった感じの2段ベッドの二人部屋。

今回は直前予約だったので、通常一人利用の場合7000弱のところを4000円。

ドミトリーが3200円なので得した気分。

 部屋の名前は「晴」

https://tokyohikari-gh.jimdo.com/%E3%81%8A%E9%83%A8%E5%B1%8B-%E6%96%99%E9%87%91/

色々なHostelを巡ってみるなら、日曜の夜がベター。

旅行客が少ないので、部屋を空けとくよりマシと安くなっているところが多い。

 

f:id:masahito0107:20170424004831j:plain

f:id:masahito0107:20170424004900j:plain

 

水周りはタイルを使って洒落た感じにし、古いながらも清潔感があります。

 

f:id:masahito0107:20170424005034j:plain

廊下に設置された小洒落たタンスとブランケット。

 

f:id:masahito0107:20170424005141j:plain

2階から1階に降りる階段を見下ろした眺め。

木が多く使われており、何と言うか味のある感じ。

 

 

人が少なかった事もあるが、築70年の木造物件を改築しているだけあり、

音漏れがするためか皆気を使ってとても静か。

外に出て色々と撮影するのは難しそうなので就寝。

 

翌朝6時に我が家のフランスベッドの寝心地の良さを改めて認識しつつ起床。

(決してここが特別というわけではなく、Hostelは大抵薄っぺらい布団1枚)

 

共用部の写真を撮るため1Fに。

おぉ、まだ6時なのに人がいるよ。

軽く挨拶し、怪しくない程度に撮影。

 

f:id:masahito0107:20170424234432j:plain

2Fとはちょっと違ったタイルの洗面所。

蛇口も可愛らしい感じで凝っています。

 

 

f:id:masahito0107:20170424233059j:plain

共有のキッチン。材料持込で好きに使って良い様子。

f:id:masahito0107:20170424233210j:plain

冷蔵庫。ちなみに各部屋には冷蔵庫は無いので、夏場は利用必須。

物を入れるときは名前を書かないとオーナーのお子さんが勝手に飲んでしまうそうなw

f:id:masahito0107:20170424233359j:plain

全体的に木で統一感のあるエントランス共有スペース。

奥にあるピアノで音楽セッションみたいなイベントもやるらしい。

 

f:id:masahito0107:20170424233932j:plain

天井も結構高く、圧迫感は全く無い。

 

 

f:id:masahito0107:20170424233511j:plain

f:id:masahito0107:20170424233539j:plain

外に人がいたので気を使ってサイレントカメラアプリを入れて撮ったシャワールーム。

意外と広い。

 

 

最後に部屋の写真。

テーブルの上のタオルは自サイト直予約で無料貸し出しのバスタオル(通常200円)。

旅行サイト経由だと手数料取られるからね。旅館としては直の方が断然嬉しい。

f:id:masahito0107:20170424233746j:plain

f:id:masahito0107:20170424233841j:plain

f:id:masahito0107:20170424234149j:plain

確かにオーナーさんが同じ建物に住んでいる事もあり、

超アットホームというか、人の家にお邪魔しているという感覚が凄く強かった。

盗っ人みたいなのも出なそうな安心感はあるけれども、鍵、、渋すぎやしませんか。

 

 

2Fは3部屋、9ベッド。1Fは1部屋、9ベッド。

計18ベッド。なかなかの小規模だ。

というか運営を考えるとほぼ限界数ではないだろうか。

 

きったないがとりあえずメモ。

後で清書

f:id:masahito0107:20170426233349j:plain