Hostelめぐり 其の7

「Hostel巡りは体力も、気力も使うし疲れる」と言ったら、

「楽しめないなら辞めろ」と言われた。

辛いと思って、言われた事だけやってたら何も出来やしねぇ。。

 

今回は八丁堀のWise Owl Hostel。

目黒にも店舗を構える100ベッド超えの大型店舗、外観がクールです。

f:id:masahito0107:20170516001535j:plain

 

帳場の横では店のマスコット?であるフクロウがお出迎え。

B1にあるバーへ続く会談の前には、ネオンが光っています。

1Fのカフェスペースは時間的に休み。

f:id:masahito0107:20170516001806j:plain f:id:masahito0107:20170516001828j:plain

 

建物が恐らく新築。全体的にかなり綺麗です。

今まで泊まってきたHostelは「癒し」や「温もり」をコンセプトにしているところが

多かったのですが、このHostelは「東京を体感せよ」。

クラブの様な雰囲気です。

 

 

外人スタッフに簡単に説明を受け、カードキーを受け取る。

ドミトリーに入るにも、エレベーターに乗るにもカードキー。

Hostelをまわり始めてから初です。

 

エレベーターを5Fで降りて、壁の案内を確認。

 f:id:masahito0107:20170516234052j:plain 

 

ラゲッジスペースは荷物を広げる場所。Hostelでは始めて見ました。

f:id:masahito0107:20170516234723j:plain

 

 

カードキーを使い14ベッド設置のドミトリールームへ。

先日の番号入力タイプより全然楽です。

f:id:masahito0107:20170516002715j:plain

 

 

ベッドはボックスタイプ。

別のHostelでボックスタイプのベッドは良くないと書きましたが、

ここは清潔感があり寝心地も良い。

後でパンフをみたらマットレスがシモンズ製でした。コストかけてます。

 

その他の設備はライトと小型金庫。

扇風機が無いので空気が滞留してちょっと熱いです。

f:id:masahito0107:20170516225358j:plain f:id:masahito0107:20170516235542j:plain

 

いつもの水周りチェック。

トイレは男女別。女性用個室3個。男性用個室2個、小便器2個の計7個。

個室はウォシュレット、全体的に清潔感あります。

f:id:masahito0107:20170517001920j:plain f:id:masahito0107:20170517002340j:plain

 

シャワーは3セット。洗面台は4つ(ドライヤー付き)設置されています。

水周りはコストかけて綺麗にしてますね。掃除も定期的にやってます。

トイレやシャワー汚かったらリピートしたく無いですからね。重要要素です。

f:id:masahito0107:20170517002725j:plain f:id:masahito0107:20170517002840j:plain

 

4~5Fは同じ構成。

2~3Fは部屋の構成が違うのですが、カードキーのせいで見て回れませんでした。

 

翌早朝は6Fの共有スペースの確認。

かなり広く場所を取っています。

f:id:masahito0107:20170518005739j:plain

 

窓際にフリーのデスクトップPCが2台設置。

ふと思いましたが、いままでHostelでWifi使えなかったところは無かったです。

f:id:masahito0107:20170518005636j:plain

 

一番奥に共有キッチン。

朝方は使用者がいませんでしたが、前の日の夜は数人使っていました。

日本人にはあまりなじみがありませんが、Hostelとしては普通の光景です。

f:id:masahito0107:20170518010637j:plain f:id:masahito0107:20170518011623j:plain

 

そのままシャワーを浴びて、1Fでカードキーを返却してチェックアウト。

 

 

当日予約で30%オフだったので2500円(通常地は3500円)。

八丁堀から徒歩1分の立地。

真新しい設備。

他とは違ったエッジの効いたお洒落なコンセプト。

 

過去最高だと思いました。

日曜でしたが、外国人観光客が沢山いたのも納得です。

 

是非別日程でリトライしてみたい。

 

 

 

広告を非表示にする