当事者意識

当事者になるつもりがない人 | 為末大・侍オフィシャルサイト

 

この為末大の「当事者になるつもりがない人」という記事は、

会社設立当初から何回か読んだ。

 

読むたびに「なるほどなぁ、確かに。」と思いブラウザをそっと閉じる。

はいこれが当事者意識の無さですね。

 

自分は会社を起こす事に同意したは良いけれども、

先々どう事業展開をしていくか、この現場をどう安定させるか、

一緒に仕事をしてくれる社員の人達の将来と家族は、

これを脳が悲鳴をあげるまで考えて、実際に行動に移す。

行動が徒労に終わろうとも諦めず、何とか方法は無いか模索し、

頭を下げ、アドバイスを受け入れ、相談して、最適解を探し続けるが当事者。

 

という事を全くしていませんでした。

 

会社運営に限らず、任せて貰ったホステルも当事者意識無し。

本来目的を伝えられたら全部自分で、モノになるまで足掻かなければいけないのに。

 

自分は設計書を作る当事者ではなく、

アプリを世に広め収益をもたらすまでを請け負った当事者。